支援事業案内

トップページ > 支援事業案内

身元保証制度

入院・転院・入居・施設への入所…親族に代わって身元保証を行います。

民間や公営の賃貸住宅に入居したい…。ケガや病気で緊急入院になってしまった…。転院することになった…。今後は介護・福祉施設で暮らしたい…。
そんな時、「身元保証人」が必要になってきます。

親族間の事情などによって「身元保証人」を確保できない場合、きずなの会が「身元保証人」をお引き受けし、さまざまな手続きや支払いなどのお世話を行います。

契約者の親族の方々へもその時々の報告、連絡を行いますので、安心してお任せいただけます。

入院の手続き、医療費の支払いなど入院中や退院後のお世話、役所をはじめとしたさまざまな事務手続きなども併せて行います。

身元保証人

生活支援

病気・ケガなどの緊急支援から、随時の生活支援まで。

福祉や介護の制度はありますが、そうした制度だけでは十分なお世話ができない面があるのが実情です。
きずなの会では、緊急時の支援から随時の生活支援まで、家族代行、親族代行の生活支援を行います。
生活支援の費用は、弁護士法人が契約時にお預かりした預託金から支払われます。

緊急支援
  • ・病気、ケガなどの緊急時の支援
  • ・2時間以内に対応が必要な支援
  • ・その他、緊急の支援
一般支援
  • ・入院・入所・入居の情報提供・申し込み手続き
  • ・受診・入院・入所時の介助
  • ・入所・入院中の支援(支払い・医療説明の同席など)
  • ・各施設見学への付き添い
  • ・病院・施設関係者・ケアマネージャーとの調整・協議
  • ・転居に伴う手続き・家具処分立会い(処分業者の費用は別途必要)
  • ・ご自宅・入居先等への訪問支援(ご要望に応じて)
  • ・その他の生活支援

緊急支援、一般支援はそれぞれ費用が異なります。

支援員の移動時間(事務所~支援場所)も支援費用が必要です。

きずなの会の生活支援費用は、すべて介護保険適用外です。

24時間365日対応しています。

葬送支援

万一の時の事務支援も行います。

契約者がお亡くなりになった時のご遺族への連絡通知、行政への届け出、事務手続き、
ライフラインの停止・廃止の手続き、家財や家電製品の処分(専門業者の費用が別途必要です)などを行います。

●葬儀支援
葬儀のご連絡から葬儀場手配、祭壇、お棺、遺影写真、お骨箱、霊柩車、火葬までを行います。
国民健康保険などの葬祭費は、原則として喪主を務めるNPO法人きずなの会に還付されます。
●納骨支援
会員の意思を尊重し、会員の指定する場所・方法で納骨支援をお手伝いします。
きずなの会静岡は、合祀の墓がございます。>>詳しくはこちら
NPO法人きずなの会は、無色透明、宗教色のない市民の会ですので、ご安心下さい。
また中立・平等の立場から宗教上の偏った助言や支援は致しません。
このページの先頭へ